社長のブログ
登録記事件数:200件
  • 2016-10-27.
    「若者の車離れ」説はウソ(?)
    『2016-10-20.「バンコン」とはどういうキャンピングカーか?』&
    『ダウンサイジングの要請から見直された日本のキャンピングカー』&
    『ファミリー向けキャンピングカーが次世代ユーザーを育てる』の続きです。

    町田氏;ただ、そういう一方で、いま乗用車の世界では”若者の車離れ’’が深刻化してきたと言われて久しい状態が続いていますよね。昔のように、車に憧れる若者も少なくなったという話もよく聞きますが。

    私;僕は、実際は違うのではないかと考えています。
    「若者の車離れ」というのは、若者の低所得化が進行してきて、車は買いたいけれど購入するお金がないという事ではないかと、、。
    公共交通機関の発達した東京23区内のようなところだと車を持たない生活も成立するでしょうかれど、地方に行くと車なしでは生活できない。
    しかし、今の若者はあまりお金に余裕がないので、自分がほんとうに欲しい車は買えない。しかたなく、とりあえずの車で妥協してしまう。そのため、自分の車に情熱が持てない。車そのものに対しても距離を置こうという心理が働く。
    僕はそういうネガティブな気持ちを、「車に興味がない」という言葉に置き換えているんではないかと思うんです。

    記事詳細
  • 2016-10-26.
    ファミリー向けキャンピングカーが次世代ユーザーを育てる
    『2016-10-20.「バンコン」とはどういうキャンピングカーか?』&
    『ダウンサイジングの要請から見直された日本のキャンピングカー』の続編です。

    町田氏;「軽キャン」以外に、日本のキャンピングカーが世界のトレンドとは異なるところはどんなとろこですか?

    私;基本的に、ヨーロッパなどでは、キャンピングカーというのは、リタイヤしたシニア夫婦の乗り物なんですよ。アメリカにおいてもシニアの保有率は高いですよね。
    もちろん、日本も年々そういう傾向が強まっていますが、日本では子供も交えたファミリーユースのキャンピングカーというものが作り続けられているし、またそういうマーケットが確実にある。そこが大きな違いかもしれません。


    記事詳細
  • 2016-10-21.
    ダウンサイジングの要請から見直された日本のキャンピングカー 
    『2016-10-20.「バンコン」とはどういうキャンピングカーか?』の続編です。

    町田氏;小型車に対する要請は欧米のユーザーにはないのでしょうか?

    私;昔と今では違うと思いますが、昔は小さなボディの中に一切合財詰め込んでしまう日本のキャンピングカーというのは、向こうのユーザーからみると、「ストレンジ」、ひょっとしたら「クレイジー」という感覚だったかもしれません。
    だから、日本のバンコン…特に軽キャンピングカーに寝泊まりするというのは、彼らにとっては何かの罰ゲームのようなもの…ギャグの世界の話に思えたでしょうね。

    (だから、表現的にはリゾートチックな画像にしてみました)



    記事詳細
  • 2016-10-20.
    「バンコン」とはどういうキャンピングカーか?
    キャンピングカーを生業にして33年目。
    「いろいろあったなあ」と思いふける自分は、やはり年を取ったのか、、、。

    以前、長年キャンピングカーの「ガイド本」の編集に携わっていらした「町田 厚成氏」との対談でお話した事を思い出した。

    しばらく、この思い出話を再考してみます。今回はその1回目です。
    (新ネタでなくて、サボってるねぇ なんてね)

    タイトルは、本業の「バンコン」について、、。

    これって中々、まとめられない