社長のブログ
戻る
2017年09月01日
polski キャンピングカー事情 記事詳細
 ■polski キャンピングカー事情 拡大写真 

訳あって、ヨーロッパへ出かけました。
日本ではマイナー(失礼)なポーランドです。
いえ、逆に「ポーランド」だから出かけたんです。
個人的に、是非一度は行っておきたかったところでした。

そんなこんなで職業的な報告を少しだけ、、。

やっぱりありました、「Caravaning」(雑誌です!)
内容はポーランド語でさっぱりですが、写真は何とか理解も可能。
ほとんど、ドイツなどで販売されているものと同じ(?)。
 ■polski キャンピングカー事情 拡大写真 

この時期だから特集も「CARAVAN SALON 2017」。
ご存知の方も多い、ドイツのデュッセルドルフ見本市会場で開催されている「キャンピングカーショー」です。

「毎年同じ」とか自分では言いながらも、毎年確実に進化している各メーカーの自信作が載っているみたいです。
(内容がわからない事と、その会場へ行ってないので、、。)
 ■polski キャンピングカー事情 拡大写真 

流石に日本よりはキャンピングカーの文化は浸透しているみたい。
でも、ポーランド。
中々、街中でキャンピングカーを見かける事が少なく、キャンプ場も少ない(?)みたい。

そんな中、あの「アウシュビッツ」では見かけました。
「キャンプエリア」ではなく、その博物館(アウシュビッツ ビルケナウ)の駐車場には、キャンピングカーを停めるスペースが設けられていた。
 ■polski キャンピングカー事情 拡大写真 

折角だから少し遺跡の感想を言えば、「いくら何でもひどい、、」「人はここまで狂う事があるのか、、」。

ドイツはどうやってポーランド人に許してもらったのだろうか、、。
まだ、許されていないのかも、、。
複雑な思いの日本人の僕でした。
 ■polski キャンピングカー事情 拡大写真 

話を変えて、少しクルマ屋さんらしく町を見ると、、。

古い車を大事にするの?
(クラクフのシナゴーグにて)
 ■polski キャンピングカー事情 拡大写真 

観光バスにも、こんな旧車が、、。
これはいいなあ。

(ワルシャワにて)
 ■polski キャンピングカー事情 拡大写真 

サッカーのゲームが開催されるエリアをポリスが警護。
なんと、一部は騎馬警官も?

現地までは「馬専用のトレーラー」でやってきた。
(ワルシャワにて)
 ■polski キャンピングカー事情 拡大写真 

乗り物ついてに紹介。
レンタカーを借りるのは少し不安(運転が)だったので、自分は自転車です。

これが乗りにくいやつでした。
何しろ、「でかい」(ようは、足が届かない)。
ペダルが逆転しない(ブレーキになる、しかも急ブレーキ)。
歩道を走っていいのか車道なのか、わからない。
舗装の石畳にタイヤが取られる。
等々。

(ブロツワフ にて)
 ■polski キャンピングカー事情 拡大写真 

おまけ

瀬戸市も陶器の産地。
ここ、ポーランドもその産地で、かわいい伝統絵柄が人気らしい。

これお土産に欲しかったけど、荷物になるし、、。

(ボレスワビエツ?)
戻る