NEWS・トピックス
戻る
2016年11月26日
ハイエースのリコール情報について(2件)  記事詳細
 ■ハイエースのリコール情報について(2件)  拡大写真 

※1;オートマミッション

1.不具合の状況
自動変速機において、シフトレバーに連結している油路切替レバー支点部の強度が不足しているため、想定外の素早いシフト操作を繰り返すと支点部が摩耗してガタが生じることがあります。そのため、シフト位置に応じた油路の切替えができなくなり、走行不能になったり、Pレンジ以外で前進や後退するおそれがあります。

2.改善の内容
全車両、自動変速機の油路切替レバーを対策品に交換します。

詳細は下記アドレスにございます。

http://toyota.jp/recall/2016/1124_1.html
 ■ハイエースのリコール情報について(2件)  拡大写真 

3.対象車両

注意:
1.対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれますので、詳細については最寄りのトヨタ販売店にお問い合わせください。
2.対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。
 ■ハイエースのリコール情報について(2件)  拡大写真 

※2;ディーゼル噴射装置

1.不具合の状況
(1)ディーゼル燃料噴射装置において、燃料ポンプおよび燃料噴射ノズルの強度が不足しているため、燃料通路部に亀裂が発生することがあります。そのため、燃料が漏れ、燃料圧力が低下するとエンジン警告灯が点灯して出力制限走行となり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがあります。

(2)エンジン制御用コンピュータにおいて、排気ガス再循環制御が不適切なため、排気ガス中の水分により燃料噴射ノズル先端孔部が腐食し拡大することがあります。そのため、噴射量が増えてPM(粒子状物質・すす)が触媒*に多量に堆積してエンジン警告灯が点灯し、出力制限走行となります。最悪の場合、触媒が損傷し黒煙を排出するおそれがあります。
*触媒…PM(粒子状物質・すす)を捕集し一定量に達すると自動的に燃焼処理する装置


2.改善の内容
(1)全車両、車台番号を確認してポンプ、噴射ノズル等を対策品と交換します。
あわせて各締結部の燃料漏れを点検します。

(2)全車両、エンジン制御用コンピュータのプログラムを対策仕様に修正します。
また、プログラム修正後にエンジン警告灯が点灯する場合には、無償で噴射ノズル等を交換するとともに、触媒が損傷している場合には、フロントパイプを交換します。

詳細は下記アドレスにございます。
http://toyota.jp/recall/2016/1124_2.html
 ■ハイエースのリコール情報について(2件)  拡大写真 

3.対象車両

注意:
1.対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれますので、詳細については最寄りのトヨタ販売店にお問い合わせください。
2.対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。
全ての該当車両には、トヨタ販売店より案内(ハガキ)が該当ユーザー様宛届きます。
その場合は、最寄りのトヨタ販売店での保証修理となりますので、よろしくお願いします。

また車台番号を下記アドレスに入力する事で該当の有無が判断でき、ご自身でもご確認頂けます。

http://www.toyota.co.jp/recall-search/dc/search
戻る