社長のブログ
戻る
2017年06月19日
入梅前に終われると良かったのに、、、 記事詳細
 ■入梅前に終われると良かったのに、、、 拡大写真 

少し前から進めている、会社の増床工事の事です。
でも生産工場ではなくて、スタッフルームです。

もちろんスタッフルームは以前からもあったのですが、手狭になってきてしまいました。
これが完成すればスタッフ一同が会する大きさです。
昼ごはんを全員一緒にする事が出来そうです。
胸を張るほどではなく、やっと「会社らしく」なったんでしょうね。(ガクッ)
 ■入梅前に終われると良かったのに、、、 拡大写真 

本当はもっと早く出来上がる予定でした。

はじめはゴールデンウィーク前までに、そしてなんとか「梅雨」前までには、、。

で今は、夏休み前には、、、。

というつもりです。
 ■入梅前に終われると良かったのに、、、 拡大写真 

屋根も付いて、明日からは壁を、そして来週には室内工事を、、。

(雨が降ってくる前までに外壁ができないかなあ。)

工事業者さんも忙しいらしく結構、時間が掛かるものなんです。

 ■入梅前に終われると良かったのに、、、 拡大写真 

ルーフは「折板」。熱反射タイプを使う気使い(?)、。

銀色の屋根に上がると、まぶしくて、目が変になります。
工務店さんの作業スタッフさん、ごッ苦労様です!
 ■入梅前に終われると良かったのに、、、 拡大写真 

足場から振り返ると、本工場のソーラーパネルが見えます。
なんとも「今風」ですが、セコイ?

いえいえ、このおかげで、夏場の工場内温度が少し下がったほど、。
でもその反対に、「冬は寒い」って、社員は言ってます。

キャンピングカーのルーフにも「日よけ」を付けると、「夏涼しく、冬寒い」。
あっ、何事もバランスでしたよね。

「断熱」は、天井だけではなく、本当は「床」なんですよねぇ〜。
特に「エンジン」からの熱対策。
夏の夜に、エンジン切って、閉めたままの車内が外気温より熱くなってるって、ユーザーさんなら皆さん経験ありますよねぇ〜。
この話は大事なので、また今度きちんと書きますね。
戻る