社長のブログ
戻る
2019年08月24日
輪廻転生   記事詳細
 ■輪廻転生   拡大写真 

輪廻転生(りんねてんしょう)を信じているほど、スピリチュアルな僕ではありません。

先日、義母が亡くなりました。
親たちも順に亡くなっていく、そういう世代になり、色々なメモリアルをこなさなければなりませんでした。

 ■輪廻転生   拡大写真 

義母は身体が不自由になり、遠方より「子供(娘)」の地へ来て早や7年を超え、そして召された。

良かったのかそうでなかったのかは不明のままだけど、静かな最期であった事は良かったかな。
今、「極楽浄土」への階段を昇っているところだろうか?
お疲れさまでした。

 ■輪廻転生   拡大写真 

それで行ったわけでもないけれど、実父の骨が収められている「信州善光寺」の納骨堂(雲上殿)に出かけた。数年ぶりかも、、。

なのに、スゴイ土砂降り雨の為、時間をずらしたら既に「お堂」への入場手続き時間が終わっており、やむなく外から手を合わせておいた。
すいません(_(._.)_)。
 ■輪廻転生   拡大写真 

雲上殿は小山の上にあり、眼下には長野市街が一望出来る。
(矢印は、善光寺)

雨も止んで、穏やかな風景が望めたよ。

 ■輪廻転生   拡大写真 

「霊龕」(れいがん)。
とても読めないし、PCの変換でも出てこないほど、、。

これは、納骨棚(?)の事(扉は付いてるよ)。
ここへ納骨してあると色々助かるんですよ。
ちゃんと、お経も上げてもらえるし、盆にもちゃんと「回向」をしてくれる(申込でね)。

 ■輪廻転生   拡大写真 

その「証し」なのかはしらないけれど、「御札」も送ってくれるんです。
良いでしょ?

画像にある色鮮やかな楕円片は「散華」(さんか)と読み、蓮の花びらで、読経の中、僧侶により撒かれるらしい。

調べて分かった事ですけど、、。

 ■輪廻転生   拡大写真 

納骨堂の最低価格は現在¥725000〜らしいけど、家のは戦前に購入(?)したらしく、¥100だって。
安いのか判りませんが、随分と違いますねぇ。

 ■輪廻転生   拡大写真 

おまけ;

ちなみに、今誰も居ない(訳有って施設に入居中)実家に寄ったら隣地が売りに出されていた。

ここも何年か前に「不在」になった家だった。
やっぱり、こうなるよね、、。

(最後まで、キャンピングカーの話題は無しです)
戻る