社長のブログ
戻る
2019年07月18日
草津温泉とシャングリラと冷たい生ビールの関係  記事詳細
 ■草津温泉とシャングリラと冷たい生ビールの関係  拡大写真 

先日観たTV(録画)の話しです。

人気お笑いコンビの「サンドウィッチマン」が彼方此方の温泉地を訪れ、そこの「家庭風呂」に入れてもらうという番組です。(温泉好きなので、つい録画してます)

その日は「草津温泉」でした。

それになんと「シャングリラ」や「カントリークラブ」といった、弊社の人気バンコンと同じ(様な)システムが取り入れてありました!



 ■草津温泉とシャングリラと冷たい生ビールの関係  拡大写真 

草津温泉には源泉がいくつかある様で全てかは判りませんが、自分の体験では「何しろ熱い(湯温が、、)」。
浸かるのに数分掛かる温度で、我慢比べでしたネ。
でも、源泉の温度ははるかに高く、これでも冷ましながらとか、、。

その「冷ますシステム」が「熱交換器(プレート式)」と紹介されていました。

(画像は、HPより拝借しました)
 ■草津温泉とシャングリラと冷たい生ビールの関係  拡大写真 

この熱交換器で、源泉温度を「水道水」で冷まして、温まった水道水は各家庭に「真湯」(真水の対向名?)として送っているのだとか、、。
ちなみに冷めた温泉湯は旅館とかへ送るらしい。
賢い!

おおっ、弊社で使用している「ヒートエクスチェンジャー」と同じ原理じゃん!

(画像は、HPより拝借しました)
 ■草津温泉とシャングリラと冷たい生ビールの関係  拡大写真 

「シャングリラ」(カントリークラブ等でも同じ)では、冷水タンクから水ポンプを使って、「エンジン冷却水(ラジエターのクーラント)」と熱交換をさせているんです。
(こちらは、「シェル&チューブ式」とか、、、)

 ■草津温泉とシャングリラと冷たい生ビールの関係  拡大写真 

小さな筒状(シェル?)の中をエンジン冷却水で満たし、その中にあるコイル状に丸まった銅菅(チューブ?)内に水を送る構造で温水を作ります。
海外(オーストラリア)でマリン用に開発されたとかで、日本でもキャンピングカーなどに使われてます。

 ■草津温泉とシャングリラと冷たい生ビールの関係  拡大写真 

理屈は「ビールサーバー」の反対ですね。

色々「関連」して、助け合ってますね!

(「何が?」とかは別に、バンコンでも温水が提供できるんですよ、凄いでしょ。)
戻る