社長のブログ
戻る
2019年05月16日
趣味という特殊なモードか?     記事詳細
 ■趣味という特殊なモードか?     拡大写真 

「キャンピングカー」はかなり「趣味」性が強い。

ある程度、余裕やお金も必要だけど、やはり「使って」みたい気持ちが重要なモチベーションになるよね。

で、先日、琵琶湖に出かけました。
昔のホテルは今、地元の文化施設になっていた。(びわ湖大津館)
 ■趣味という特殊なモードか?     拡大写真 

「雰囲気を味わおう」と、水辺を少しだけ歩いてみた。
釣人達が沢山いた。
見る所、やはり「バスフィッシング」だ。

「何か、臭い、、、!」
浜を見ると、そこかしこに「魚の死骸(干物?)」が、、。
でかい。
「バス」だった。
幾つも落ちて(?)いて、釣り人の足元にもある。(なぜ、死んだかは不明)

「えっ?、臭くないのォ?」
「趣味性」が強いと「臭わない」のか、「気にならない」様子。
というかその前に、「片付ければ、、、」
勿論、干からびているから、彼が釣ったヤツではないと思うけど、、。
近くには「回収ボックス」なる、外来魚駆除(?)する箱も近くにはあるし、、。
この辺りの「議論」には加わる知識もないけれど、実際に死んで腐っている魚の脇で釣っているって、、。(写真の近くの人は無関係です)





まあ、「モラル」って言ったら語弊があるかもね。
「キャンピングカー乗り」の方々も、どこかで誰かに似た様な事を言われない様にしてしてほしいですよねぇ〜。

「モラルがないなぁ」ってね。
戻る